スポーツ障害・外傷の治療について

スポーツ障害・外傷の治療について

ほねつぎげんき堂海田院の得意な治療の1つがスポーツ傷害・スポーツ外傷の治療です。
スポーツでのケガはしっかりと治さないと、そこをかばいながらスポーツを続けて他の箇所に痛みが出てきたり、
症状が悪化して最悪、スポーツそのものを諦めなければならないこともあります。
そうなる前にしっかりと怪我を治して思い切りスポーツに打ち込めるように全力でフォローいたします。

スポーツにおけるケガの種類

スポーツで見られるケガは大きく分けてスポーツ障害とスポーツ外傷に大別出来ます。

スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返しの負荷が積み重なり、痛みを主とした慢性的な症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みですみますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってきます。ですので、初期の段階で正しい処置をすることが最も大切になります。

無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなったり、手術等までいってしまうと、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。

スポーツ障害で多く見られるものはオーバーユース(使い過ぎ)によるものが圧倒的に多く、これは過度に継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもなので、しっかりと休息を取ることもスポーツ選手には大切なことであると言えます。

それに対してスポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。

オーバーロード(過負荷)によるものでよく見られ、繰り返しの頻度は少ないが、ストレスが強くかかる運動で重量挙げなどの選手などに見られます。

スポーツ障害・外傷の予防

成長期の小・中学生や高校生は骨や関節がまだ成長途上にあるため、過度なトレーニングは「スポーツ障害」の原因となります。
また、10年前の常識が非常識と言われることもあるほどスポーツにおける常識やトレーニングも日々進化しています。生徒、保護者や指導者のみなさんがしっかりとスポーツ障害の正しい知識を身につけて、ちょっとした違和感やフォームの乱れなどの小さなサインを見逃さずに、未然にスポーツ障害を予防しましょう。

スポーツ障害の予防は練習前後のウォーミングアップやクールダウンが欠かせません。ウォーミングアップは軽いジョギングで体温を上げて、その後ストレッチや準備運動でゆっくりと筋肉や関節を伸ばすようにしましょう。
そして練習後はクールダウンでストレッチやアイシング、軽いウォーキングやジョギングなど行うことで、疲労回復や炎症を鎮める効果が期待できます。

スポーツ障害の多くは過度な練習でのオーバーユーズ(使い過ぎ)が原因の多くを占めています。
例えば、野球であれば小学生は1日70球以内、週で300球以内、中学生は1日75球以内、週で350球以内、週に1日以上は全力投球をしない日を設ける事といったようにガイドラインが決められています。
しかし、なかなか自分から「休みます」や「痛いです」とは言えず、無理をしてしまう子もいます。
指導者や保護者がオーバーユーズにならないようにしっかりと生徒たちの小さな変化に気づき、無理をさせない環境をつくることが何より大切になります。

スポーツ障害・外傷で多く見られる部位別症状

スポーツ障害・外傷でよくある症状としては部位別にこのようなものがあります。

  • 頸:バーナー症候群
  • 肩::野球肩,ベネット損傷,SLAP損傷
  • 上腕:上腕二頭筋長頭腱炎
  • 肘:テニス肘,野球肘,離断性骨軟骨炎
  • 手:腱鞘炎
  • 腰:腰椎分離症,腰椎すべり症,椎間板ヘルニア,梨状筋症候群
  • 大腿:肉離れ,筋断裂
  • 膝:腸脛靭帯炎,鷲足炎,オスグッド・シュラッダー病,ジャンパー膝,半月板損傷,靭帯損傷
  • 下腿:シンスプリント,コンパートメント症候群,アキレス腱炎
  • 足:足底筋膜炎,捻挫

治療や治療期間は各症状によって異なりますが、主に骨盤矯正(姿勢矯正)、関節矯正、高電圧療法(ハイボルト)テーピング、包帯固定、ギプス固定を行っていきます。

スポーツ障害・外傷の治療とリハビリ

主に捻挫、打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などの怪我ですが、ほねつぎげんき堂海田院では最速での競技復帰を目指すためにエコー(超音波画像観察装置)を使ってどこをどのように痛めているかを確認して、必要に応じてギプス固定を行います。症状によっては痛みに対しての鎮痛効果に特化した高電圧療法(ハイボルト)、スポーツされる方の予防や補助のキネシオテーピングなども行います。
痛みが取れたら、体の使い方や動かし方、姿勢分析などを行い、骨盤矯正(姿勢矯正)、関節矯正、ファンクショナルトレーニング(ケガの予防やパフォーマンスUPを図る為の機能的動作のトレーニング)を行い、再発予防のリハビリを行います。

ほねつぎげんき堂では整形外科との連携をとっておりますので、必要であれば紹介状を書いて対応しています。スポーツ外傷は特に後遺症が残りやすいため、早期にしっかりとした治療が必要になってきます。お困りの方は一度当院にご相談ください。

スポーツ障害・外傷の治療を受けられたお客様の声

スポーツ障害による腰の痛み:ST様(17歳 学生)

どのような「お身体の痛み」「お身体の悩み」で来院されましたか?

スポーツで運動する際の腰の痛み

施術後の感想や印象、症状がどう変化したかお聞かせください。

最初の問診だけですごい話を聞いてくれた、少し不安があったけど体の状態もしっかり見てもらえたし、自分でできるケアなども教えてもらった。最初少し動くだけで痛みがあったのが、激しく動いても痛くなくなった

当院スタッフや院の雰囲気ははいかがでしたか?

すごく明るくって話しやすかった

初めての方へお得な初回価格のご案内

campaign_bnr

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

まずは今すぐ下に表示されている番号へお電話ください。そうするとスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

ほねつぎげんき堂 広島海田院へのアクセス

店舗名 ほねつぎげんき堂 広島海田院
住所 〒736-0034
広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F
交通 海田駅徒歩20分、矢野駅徒歩16分、
広島市から車で20分です。
駐車場 50台あり

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

ほねつぎげんき堂 広島海田院へのアクセス

店舗名 ほねつぎげんき堂 広島海田院
住所 〒736-0034
広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F
交通 海田駅徒歩20分、矢野駅徒歩16分、
広島市から車で20分です。
駐車場 50台あり