足関節捻挫について

足関節捻挫について

足関節捻挫とは

捻挫とは関節に過度な捻転などの力が加わって起こる怪我で、レントゲン(X線)で異常がない(骨折や脱臼ではない)ものです。

損傷などを起こす場所は「靭帯」「腱」「関節軟骨」「半月板」などです。

日常生活でも起こりえますが、バスケットボールやサッカーなど切り返しの多いスポーツで多く発生します。

足関節捻挫の重症度

捻挫の重症度は主に3つに分けられます。

軽度(Ⅰ度)
・足首の外側に圧痛がある
・曲げ伸ばしに痛みはない
・足首に内転力を加えると多少の痛みがでる

中等度(Ⅱ度)
・通常の動きでも非常に痛む
・動きに制限がある
・足首や足の広範囲に腫れがでる

重度(Ⅲ度)
・どの方向に動かしても強く痛む
・広範囲に強い腫れ
・直後から動かせない

当院での足関節捻挫治療治療

当院では、エコーによる画像での鑑別を行います。

重症度によって行っていく治療は変わりますが、ギプスでの固定やハイボルト(高電圧療法)での治療を行っていきます。

中等度~特に重度の場合は固定後、整形外科での診断(ドクターとの連携)を仰ぎ、診断症状によって治療を行っていきます。

捻挫は癖になるとよく言いますが、まさにその通りで、見逃していくと靭帯や腱が伸びてしまい、捻挫しやすい関節になってしまいますので、早期の治療を心がけましょう!