四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩とは

一般的に四十肩・五十肩と呼ばれていますが、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる疾患です。

痛みとしては…
・腕を挙げると痛む
・肩がこわばった感じがする
・腕を自由に動かせない
・寝返りで痛む
・服の脱ぎ着で痛い
などの症状は四十肩・五十肩かもしれません。

四十肩・五十肩の原因は?

肩には関節の動きを良くする滑液包や関節包がありますが、そこに癒着が起こってしまうと運動制限の原因となり、動きが悪くなったり動かせなくなったりします。

癒着してしまうと炎症が治った場合でも肩が以前のように動かないといった症状になります。その他にまわりの筋肉や腱、血液循環が原因ではないかと言われています。

四十肩・五十肩と言われていますが、最近は若年層にも同じ症状の方が増えています。若年層にも増えてきた原因としては、姿勢のゆがみなどから肩回りの運動制限がかかってしまっていると考えられます。

四十肩・五十肩と肩こりの違い

四十肩・五十肩は肩周りの炎症なのですが、肩こりは主に筋肉疲労や筋肉が固まってしまう症状で、疲れや肩の緊張(デスクワーク)などからくる血行不良が主な原因となります。

全くの別物ですので、四十肩・五十肩を放置しておくと大変危険です!!

当院での治療方法

当院では、姿勢の分析やエコー鑑別で痛みの起こってくる原因を探していきます。痛めてしまっている原因などから歪みの出ている姿勢(骨格)を矯正していきます。

トムソンベッドによる上半身矯正を行い肩の可動制限の原因になっている肩・肩甲骨・肋骨など歪みを取り除いて動きの改善を施していきます。

<筋肉や腱の拘縮(固まり)はハイボルト治療を行い、手の届かない身体の奥の拘縮を取り除いていきます。運動療法や運動指導も行いますので、二人三脚で治療していきましょう!!