シェーバー病(踵骨骨端症)

シェーバー病について

シェーバー病(踵骨骨端症)

シェーバー病「踵骨骨端症」とも呼ばれ、一般的にはかかと周辺に起こる痛みです。

8歳~12歳頃の子供に多くみられる症状ですが、成長痛という認識では間違っています。

原因は??

走り過ぎ、ストレッチ不足、筋肉が硬い、インソールのクッション性がない、運動量に身体がついていけていない、など様々です。

足裏のバランスが悪かったり、特に偏平足の子は痛める可能性が高いです。

痛む場所やその重要度

痛みが出る場所は、かかと・アキレス腱やくるぶし周辺など。

痛みがでる事は、かかとを押す、走る、ジャンプをするなど。

下腿の筋肉、アキレス腱などにより引っ張られたり、かかとに繰り返される衝撃によって痛みが出ます。

超音波画像観察装置
超音波画像観察装置

痛みが出る場所は、かかと・アキレス腱やくるぶし周辺など。

痛みがでる事は、かかとを押す、走る、ジャンプをするなど。

下腿の筋肉、アキレス腱などにより引っ張られたり、かかとに繰り返される衝撃によって痛みが出ます。

シェーバー病(踵骨骨端症)は当院にお任せください‼

下腿の筋肉(ヒラメ筋・腓腹筋)やアキレス腱の緊張や使い過ぎなどで患部に負担がかかる事や身体の土台(骨盤)から膝、足首・足裏のバランスのゆがみによっての痛みが強くでてきます。

骨盤矯正全身矯正でバランスのゆがみを改善して痛みや再発の予防をしていきます。

手技や物理療法(ハイボルト治療)で臀部からふくらはぎ・足裏まわりの筋肉を柔らかく衝撃を吸収できるようにしていきます。

テーピングやサポーターを用いて足首や足裏のバランスを矯正し、その間にセルフケアなども教え、実践していただくことで足のバランスや筋力を強化し再発も予防していきます。