sports_baseball_yakyuuhiji   sports_soccer_kega

学生時代にはスポーツでのケガなどは寝れば治るとか湿布でも貼っとけば治ると言われてきましたがそうではありません。

その時はそうだと思い込んでましたが、その時のケガが原因で後遺症などを発症し身体の動きが悪くなってしまっています。。

ケガをきちんと治さないと現役期間が短くなってしまいますし、その後の日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。

炎症を放置すると身体が覚えてしまい、同じケガをしやすく痛みも最初よりか軽く感じて更に放置してしまい、そうなると身体の動きでそのケガをしないようにバランスをとっていきますが、急な動きが多いのでバランスが崩れた際にまた違うケガをするようになります。

例えば足の捻挫も放置すると靭帯や骨に異常が出てきます。それをかばう為に膝・股関節や上半身に負担をかけてしまいます。

関節の骨と骨を繋いでいるのが靭帯

靭帯が損傷してしまうと骨と骨の間が広がり過ぎたり場合によっては骨に圧力がかかり骨折にもつながります。

特に関節の靭帯では手首や足首・足裏には筋肉が細く骨も複雑なので骨折した場合は厄介です。

そういった場合は初期治療の対応が一番重要になってきます!

当院ではエコーで鑑別します!

こういった症状を診るにはエコーが最適です!

レントゲンでは、骨を診ることはできますが骨の状態によっては色々な角度から撮らないと確実に診ることはできない。

かつ筋肉や靭帯なども映らない為に確実に症状を診ることはできません。

関節の骨の表面の骨折や軟骨の剥がれ・靭帯の異常全てがリアルタイムに診れるのがエコーです。病院ではMRIがいいのですが予約しないといけないのでリアルタイムでの診断は難しいです。

痛みがある時に診れないと対処が変わってきますし悪化してしまう可能性もありますので、まずはエコーでの鑑別を1番にしておくと安心です。

スポーツをされる方・関節の痛みが気になる方や不安な方は是非ご相談ください!

エコー

>>エコー鑑別について