オスグッド・シュラッター病

osgood

ぎっくり腰・シュラッター病とは

オスグッド・シュラッター病は運動の負荷などによって軟骨や腱が剥離してしまい痛みが出ます。10~15歳の成長期の子供に起こりやすいです。

原因は??

一般的に言われている成長痛という名前は医学的には確かな定義がされておらず、原因は不明とされています。

しかし、オスグッド・シュラッター病の多くはバスケットボールやバレーボールなどのジャンプの多い競技やサッカーなどにも多く発症します。

体育などの運動しかしていない子でも発症する例がありますので注意は必要です!

痛む場所やその重要度

痛む場所は膝(膝蓋骨)のやや下の脛骨粗面付近です。

ここに付着する膝蓋腱に大腿四頭筋の膝を伸ばす力が繰り返し加わり、過剰な負荷がかかり痛みが出ます。

重度になってくるとその力により成長軟骨が剥離していき、痛みと突出(骨が飛び出る)がみられます。

超音波画像観察装置

超音波画像観察装置

痛む場所は膝(膝蓋骨)のやや下の脛骨粗面付近です。

ここに付着する膝蓋腱に大腿四頭筋の膝を伸ばす力が繰り返し加わり、過剰な負荷がかかり痛みが出ます。

重度になってくるとその力により成長軟骨が剥離していき、痛みと突出(骨が飛び出る)がみられます。

ぎっくり腰・シュラッター病は当院にお任せください‼

大腿四頭筋の過緊張や身体のゆがみによって患部に負担がかかっている事が多いため、根本的な身体のゆがみを骨盤矯正全身矯正によって整え、筋肉の過緊張をとりやすくしてから大腿四頭筋の緊張を手技や物理療法で緩めていきます。

脛骨粗面部の突出(飛び出る)がある場合はハイボルト治療やテーピングなどによって治療していきます。

成長軟骨が剥離したまま放置してしまうと、成人しても痛みに悩まされる場合もあります。

痛みがある場合は安静が基本です、無理をして将来的に変形や痛みを残さない為にも、「今」治療しておくことが重要です。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

まずは今すぐ下に表示されている番号へお電話ください。そうするとスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

住所:
〒736-0034  広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F

交通:
海田駅徒歩20分 矢野駅徒歩16分

駐車場:
50台あり

Google Map

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

住所:
〒736-0034  広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F

交通:
海田駅徒歩20分 矢野駅徒歩16分

駐車場:
50台あり

Google Map