スポーツ障害・外傷の治療について

sport

スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返しの負荷が積み重なり、痛みを主とした慢性的な症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みですみますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってきます。ですので、初期の段階で正しい処置をすることが最も大切になります。

 

無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなったり、手術等までいってしまうと、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。早期に治療をすることが重要になってきます。

 

それに対してスポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。
例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。

 

スポーツ障害の治療

 

オーバーユース(使い過ぎ)によるもの
過度に継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもので、これによるものが大多数を占めています。

オーバーロードによるもの
繰り返しの頻度は少ないが、ストレスが強くかかる運動で重量挙げなどの選手などに見られます。
よくある症状としては部位別にこのようなものがあります。

• 頸: バーナー症候群
• 肩: 野球肩、ベネット損傷、SLAP損傷
• 上腕: 上腕二頭筋長頭腱炎
• 肘: テニス肘、野球肘、離断性骨軟骨炎
• 手: 腱鞘炎
• 腰: 腰椎分離症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群
• 大腿: 肉離れ、筋断裂
• 膝: 腸脛靭帯炎、鷲足炎、オスグッド・シュラッダー病、ジャンパー膝、半月板損傷、靭帯損傷
• 下腿: シンスプリント、コンパートメント症候群、アキレス腱炎
• 足: 足底筋膜炎、捻挫

治療や治療期間は各症状によって異なりますが、主に骨盤矯正(姿勢矯正)、関節矯正、高電圧療法(ハイボルト)テーピング、包帯固定、ギプス固定を行っていきます。

 

スポーツ外傷の治療

 

主に捻挫、打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などの怪我ですが、当院ではエコーを使っての画像診断を行い的確な鑑別を行うことが出来ますので、ドクター直伝のギプス固定も得意としています。

症状によっては痛みに対しての鎮痛効果に特化した高電圧療法(ハイボルト)、スポーツされる方の予防や補助のキネシオテーピングなども行います。

 

医師連携をとり、必要であれば紹介状を書いて対応しています。スポーツ外傷は特に後遺症が残りやすいので、しっかりとした治療が必要になってきます。お困りの方は一度当院にご相談ください。

お客様の声

患者様の声:ST様(17歳 学生)

どのような「お身体の痛み」「お身体の悩み」で来院されましたか?

スポーツで運動する際も腰の痛み

施術後の感想や印象、症状がどう変化したかお聞かせください。

最初の問診だけですごい話を聞いてくれた、少し不安があったけど体の状態もしっかり見てもらえたし、自分でできるケアなども教えてもらった。最初少し動くだけで痛みがあったのが、激しく動いても痛くなくなった

当院スタッフや院の雰囲気ははいかがでしたか?

すごく明るくって話しやすかった

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

DSC_0219


まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、
簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

LINEからも予約ができます!お友達募集中!