脊柱管狭窄症について

sekityu

脊柱管狭窄症とは

脊柱間=脊髄神経の通り道・狭窄症=狭くなる脊柱管狭窄症 とは脊柱管が狭くなって神経が圧迫され、腰・臀部(お尻)・下肢(下半身)に痛みやしびれが現れる症状です。

50歳代から高齢になるほど現れやすく、一般的には上部のように腰から下に症状が現れる事が多いのですが、首の部分や胸の部分に起こる事もあります。ここでは、症状の多い腰部脊柱管狭窄症について主に説明していきます。

脊柱管狭窄症のタイプ

脊柱管狭窄症の中でも痛みやしびれ方が違うタイプが存在します。
主に3つのタイプに分類されています。

①神経根圧迫型
脊髄から左右に枝分かれしたものの根元を神経根といいます。そこが圧迫されると足の感覚異常や運動異常がでてきます。左右片側に症状が現れる事が多く、坐骨神経痛や間欠性跛行などの症状が現れます。

②馬尾神経型
腰椎の3番目以降の脊髄神経を馬尾神経と言いますが、この神経の束が圧迫される事で発症します。
馬尾神経型は両足に痺れや痛み感覚障害、間欠性跛行などの症状が現れます。痛みよりも痺れや感覚異常を多く感じます。

③混合型
①と②が合併したタイプです。
腰から足にかけて痛みや痺れ(坐骨神経痛)・間欠性跛行が現れ、お尻から足の裏にかけて痺れや感覚異常が現れます。重症化すると排尿・排便障害の症状が出てしまいます。

間欠性跛行とは

全ての脊柱管狭窄症の症状に出てくる間欠性跛行とはどういった症状なのか・・・。間欠性跛行とは、普通に痛みもなくしばらく歩いていると足に痛みや痺れが生じて歩けなくなり、少し休むとまた普通に歩けるようになる症状をいいます。

腰痛や坐骨神経痛など他の症状との大きな違いは、「間欠性跛行」があるかないかですので、このような症状が現れたら脊柱管狭窄症を疑わなくてはいけません。

当院での治療方法

当院ではまず、整形外科的検査などを行ってどのような症状、状態なのかをチェックしていきます。

骨格矯正高電圧療法(ハイボルト治療)を用い、狭窄している部分や周りの筋肉や靭帯、骨格の歪みを戻して患部に負担のかからない状態を作っていきます。

まわりの筋肉が弱く、自分自身の重さを支えきれていない場合も多く見られますので、JOYトレ運動療法により再発しない身体作りもしていきます。

排尿障害などがある重度の患者様の場合には整形外科の先生と連携しておりますので、速やかに紹介させていただきます。

初めての方へお得な初回価格のご案内

campaign_bnr

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

まずは今すぐ下に表示されている番号へお電話ください。そうするとスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

住所:
〒736-0034  広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F

交通:
海田駅徒歩20分 矢野駅徒歩16分

駐車場:
50台あり

Google Map

tel:082-824-3770

ご予約・お問い合わせはこちら

ライン

受付時間

住所:
〒736-0034  広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F

交通:
海田駅徒歩20分 矢野駅徒歩16分

駐車場:
50台あり

Google Map